高専生のIT blog

AndroidやPC(windowsやlinux)、日記などを書いていきたいとおもいます

このblogはAndrodのroot化についての記事があります。

root化は自己責任です。

もし何かあってもhaquaは責任を取れません。

了承できない方は実行をしないでください。

(まぁ読むだけなら問題ありませんよ)

2013年03月

IS11S 118root化 簡単化成功!

118のroot化の記事を書いてからsuコマンドについて

調べたらsu -c のあとにコマンドが実行できることがわかりました。

というわけでもうlocal.propとはおさらばです。

もちろん117でもできます。

ここから先はroot化についてのことです。

読むのは自由ですが、実行するのは自己責任です。なにがあってもhaquaは責任をとれません。

自信のある方と壊してもいいと思える人以外実行しないでください。

SHbreakV4については前回と一緒です。

まずSHBreakV4を下のURLからダウンロードしてきます。

http://marijuana.ddo.jp/index.php?moddir=downloads&action=single&lid=73&cid=3


コマンドプロンプトからダウンロードしたディレクトリに移り(cd ~\~)

adb install SHBreakV4.apkでインストールします。

(インストールは各自好きな方法でやってください。)

インストールできたらSHBreakV4を開いき閉じるをタップして閉じてください。
(前回30秒と書きましたがそんなに待つ必要ありませんでした。サイトの方には30秒と書いてあったんですけど
すぐ開いても成功しましたwww)

screenshot_2013-03-20_1747

もう一度SHBreakV4を開きBreakをタップします。

screenshot_2013-03-20_1757

そうすると一時的にrootが取れます。

ただrootになるコマンドはsuでなくauです。

ここからは前回と少し違います。

まず下のURLからパッチファイルをダウンロードしてください。

2013年3月24日追記 すみませんURL貼り忘れてました。
https://www.dropbox.com/s/2vq1fn022tacb5s/118_117_root%E5%8C%96_ver2.zip

ダウンロードができたら展開してroot.batを実行すれば

root化完了です。

前回との変更点はau -cの使用で実行するコマンドが減りました。

ファイル転送を一回で済ませるようにしました。

p.s

Dropboxの共有で本名が乗ってることに気づきませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

本名さらしはけっこう痛いなぁ

みなさんが良い人達であることを願います。  

IS11S 4.0.1.B.0.118 root化

2013年3月24日追記
root化をやりやすくしました。
http://students-it.ldblog.jp/archives/25955894.html

こんにちは

お久しぶりです

いつの間にかIS11Sのマイナーアップデートありましたwww 

内容設定と異なる着信音が鳴動する場合がある事象が改善されます。

え・・・・ なにそれ? もうちょっとなんかやろうよ・・・・

しかもついでにlocal.propでのroot化塞がれたみたい

正しくいうとアップデート時にlocal.propがあると起動できなくなったようです。
(文鎮にはなりません。)

もともと不安定な方法でしたしね・・・・

新しい方法はftfでflashするとか面倒くさいことをわざわざしなくても出きるやり方を

某巨大掲示板の方で見つけてくださいました。

ただちょっと手順が多いので半自動化してみました。 

まぁ結局local.propを使うことになります。

ただ自分の環境では3回とも失敗はありませんでした。

あと117でもこの方法は使えます。

では方法をかきます。

ここから先はroot化についてのことです。

読むのは自由ですが、実行するのは自己責任です。なにがあってもhaquaは責任をとれません。

自信のある方と壊してもいいと思える人以外実行しないでください。

まずSHBreakV4を下のURLからダウンロードしてきます。

http://marijuana.ddo.jp/index.php?moddir=downloads&action=single&lid=73&cid=3



コマンドプロンプトからダウンロードしたディレクトリに移り(cd ~\~)

adb install SHBreakV4.apkでインストールします。

(インストールは各自好きな方法でやってください。)

インストールできたらSHBreakV4を開いき閉じるをタップして30秒待ってください。

screenshot_2013-03-20_1747

30秒たったらもう一度SHBreakV4を開きBreakをタップします。

screenshot_2013-03-20_1757

そうすると一時的にrootが取れます。

ただrootになるコマンドはsuでなくauです。

rootになれたら前回同様local.propを/data/にコピーし再起動してください。

一応コマンド

adb push /sdcard/local.prop 
au
dd if=/sdcard/local.prop of=/data/local.prop
reboot

(本当はここも自動化したかったけどauが厄介でできませんでした・・・・)
(まだまだ勉強不足です・・・・)

再起動できたら以下のURLからパッチファイルをダウンロードしてroot.batを実行してください。

https://www.dropbox.com/s/pilr3xzhnqmk55q/118_117_root%E5%8C%96.zip

すみません。
2013年3月20日22時52分前にダウンロードした人はもう一度ダウンロードしなおしてください。
間違えたファイルをアップロードしてしまいました。



前回のパッチファイルとほとんど変わっていませんが余計なファイルが入ってたので

取り除いておきました。 すみません。

2013年3月20日22時52分追記
それからsuを/system/xbinにリンクをするのをやめました。
xbinの方にはbusyboxのほうでsuのリンクをしているようで失敗してしまいます。


これでroot化は完了です。










 
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ